岐阜赤十字病院 眼科

gifuganka.exblog.jp
ブログトップ

タグ:角膜移植 ( 4 ) タグの人気記事

角膜移植体験談

26歳 女性
視力: 裸眼視力(矯正視力)
術前視力 0.07(0.2)
術後視力 0.7(1.0)

1.角膜移植が必要になったきっかけは何ですか?
コンタクトレンズで角膜に傷がつき、最終的に角膜が破れ穴が開いてしまい角膜移植を受けることになりました。
2.角膜移植手術中はどうでしたか?痛みはありませんでしたか?
麻酔の目薬、注射をしてからの手術なのでほとんど痛みはありませんでした。
3.手術後の見え方はどうでしたか?
手術後すぐは目が充血して腫れていましたので、見え方ははっきりと分かりませんでしたが、充血と腫れが引くと前よりよく見えるようになり、もう少し時間が経つとかなり良く見える様になりました。
4.手術をして良かったと思うことは何ですか?
手術前は片目がほとんど見えず、遠近感がつかめなかったので日常生活でも怖い思いをしましたが、手術をしてそれもなくなり視力のことで不便無く生活できるようになったことです。
5.角膜移植手術を考えられている方へ一言
私は最初角膜移植と聞いてとても怖かったんですが、手術を追えて見える様になった今は先生や角膜を提供してくださった方にとても感謝しています。角膜移植を考えているのであれば、ぜひ前向きに考えてみてほしいと私は思います。
[PR]
by gifuredcross | 2014-08-13 16:16 | 手術体験談

角膜移植について

岐阜赤十字病院では2012年6月より角膜移植を開始しました。角膜移植の対象となる病気は様々で、感染やケガの後の混濁、円錐角膜などの角膜が弱くなる病気が主です。
角膜移植のドナー角膜は岐阜県アイバンクはもとより全国の国内アイバンク、または海外のアイバンクから提供を受けています。
最近は角膜移植の世界ではパーツ移植といいまして、角膜の悪い部分だけを取り替えるという考え方が主流になってきています。当院でもこの考え方に立って、全層角膜移植だけでなく、最内層を残して行う深層角膜移植、逆に最内層の部分だけを取り替える角膜内皮移植術などにも積極的に取り組んでいます。自分の角膜を少しだけ残すことによって、拒絶反応のリスクをかなり減らすことが出来るのが大きなメリットです。
最後に角膜移植はドナーがあって初めて成り立つ医療です。もしドナー提供の意志を明示されていない方がありましたら、YESでもNOでもどちらでもいいですので意思表示をされることをお勧めします。

d0291713_2251991.jpg

[PR]
by gifuredcross | 2013-02-19 22:07 | 診療内容

第1回岐阜県西部眼科臨床研究会

1月17日に大垣市で行われた第1回岐阜県西部眼科臨床研究会という眼科開業医の先生向けの勉強会に講師でお招き頂き、「角膜移植の現状」と題して現在岐阜日赤病院、名古屋アイクリニックで行っている最先端の角膜移植についてお話しさせて頂きました。当日は寒い中お集まり頂いた先生に感謝いたします。また地区の中核眼科医院である近藤眼科の近藤伸彦先生には座頭をして頂き、また懇親会もとても楽しく過ごさせて頂きいろいろありがとうございました。近藤先生は後で話を聞いたら自分の出身の東海高校の1つ上の先輩ということが分かりとても親近感がわきました。また今後ともよろしくお願いたします。
小島隆司

d0291713_8542269.jpg

[PR]
by gifuredcross | 2013-01-26 08:46 | 学術活動

ごあいさつ

岐阜赤十字病院は長良川の川沿いに位置しています。長良川と言えば夏の風物詩として1300年の歴史を持つ鵜飼いが有名ですが、病院からほど近いところで行われており、昨年は眼科スタッフ一同で鵜匠と鵜が一体となって繰り広げる古典漁法を楽しみました。
当院の眼科は地域の眼科拠点として、地域医療に貢献されている開業医院の先生の後方支援病院として近隣から手術が必要な状態の患者さんや重症な患者さんを紹介頂いて治療に当たっております。
2012年4月からは私が赴任し、これまでの白内障、緑内障、硝子体疾患に加えて自分の専門分野の角膜疾患にも力をいれて治療を行っており、2012年6月から角膜移植が出来る体制を整えて既に6例の角膜移植を施行させいただきました。
診断・治療器械に関しては最新の設備を揃えて、常にアップデートな治療を心がけるようにおり、学会発表や論文投稿も積極的に行っております。
これからも地域の開業医の先生と連携をとって、患者さんに心のこもった最良の医療を届けていきたいと思っていますのでよろしくお願いいたします。

岐阜赤十字病院眼科 主任部長 小島隆司
d0291713_22215060.jpg
[PR]
by gifuredcross | 2013-01-02 22:22 | ごあいさつ