人気ブログランキング |

岐阜赤十字病院 眼科

gifuganka.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:学術活動( 10 )

白内障学会・水晶体研究会

世間はシルバーウィークで5連休だった方も多かったと思いますが、我々は金曜日から日曜日まで名古屋で行われた白内障学会・水晶体研究会に参加しました。
私はシンポジウムで「フェムトセカンドレーザー白内障手術の成績と課題」と題して講演させていただきました。
市川慶先生は一般講演で「フェムトセカンドレーザーを用いた白内障手術前嚢片の透過電子顕微鏡での組織学的所見」
d0291713_2226062.jpg

澤木先生はポスター発表で「当院におけるサージカルガイダンスの認識率及び認識率に寄与する因子の検討」
d0291713_22311548.jpg

近藤先生もポスターは票で「糖尿病症例における水晶体上皮細胞の細胞核/細胞質比の比較」と題して講演をしました。
d0291713_22315852.jpg

フェムトセカンドレーザー白内障手術やトーリック眼内レンズ(乱視矯正可能な眼内レンズ)は最近のトピックスですので今後も研究を重ねて患者さんにも還元できることを考えています。
by gifuredcross | 2015-09-23 22:32 | 学術活動

角膜カンファランス@高知

今年の角膜カンファランスは高知で行われました。名古屋からだと飛行機が日に1便しか無く、結構行くのが大変でした。でも天候も非常に良く、名古屋よりずいぶん暖かく感じました。角膜の勉強を深め、同じ分野の先生との交流を深めることが出来、とても有意義な学会でした。
高知と言えば、鰹ですよね。その場で焼いてくれる「藁焼きたたき」を食べましたが、これが香りも良く、柔らかくとても美味しかったです!

藁で焼かれる鰹
d0291713_20212657.jpg

by gifuredcross | 2015-02-15 20:21 | 学術活動

角膜カンファランス@高知

今年の角膜カンファランスは高知で行われました。名古屋からだと飛行機が日に1便しか無く、結構行くのが大変でした。でも天候も非常に良く、名古屋よりずいぶん暖かく感じました。角膜の勉強を深め、同じ分野の先生との交流を深めることが出来、とても有意義な学会でした。
高知と言えば、鰹ですよね。その場で焼いてくれる「藁焼きたたき」を食べましたが、これが香りも良く、柔らかくとても美味しかったです!

藁で焼かれる鰹
by gifuredcross | 2015-02-15 20:20 | 学術活動

Hole ICL発売講演

本日はHole ICLの発売講演会に呼んで頂きまして講演をさせて頂きました。お題は「ICL患者への対応」です。今回はアカデミックな内容ではなく、ICL手術における患者さんへの説明方法などについて説明させて頂きました。ICLは御存知の方も多いと思いますが、レーシックなどと並ぶ屈折矯正手術の1つです。角膜を削ったりせず、薄いコンタクトレンズのような柔らかい素材のレンズを眼内に挿入する手術です。見え方の質がよい、強い近視や乱視の方にも対応出来るのが特徴で、今までは虹彩切除という術前に処置が必要であったのが、今回レンズに小さい穴が開いたHole ICLが認可になり、患者さんの負担が減り、さらに安全で確実な手術となりました。岐阜赤十字病院でも4月からHole ICL手術を開始しています。
d0291713_21305080.jpg

by gifuredcross | 2014-03-29 21:28 | 学術活動

角膜カンファレンスin 沖縄(血清点眼講演)

毎年この時期に行われる角膜の学会、角膜カンファレンスに行って来ました。今回の場所は沖縄です。この時期は名古屋に比べると、春のような天気で非常に過ごしやすかったです。
d0291713_1844428.jpg

今回はシンポジウムで血清点眼についての話をしてきました。血清点眼って聞いたことがない方もあるかもしれませんが、自分の血液をとって、それを遠心分離して透明な血清という部分を希釈して作成する目薬で、正確には自己血清点眼といわれるものです。この点眼は血清の中に含まれている、傷を治す成分やビタミンAなど様々な眼表面にとってよい成分が含まれています。処方薬による治療でどうしても治らない場合に使用する点眼薬で、重症ドライアイ、角膜神経が麻痺して起こる角膜潰瘍などが対象となります。どこの病院でも作成できるわけではなく、今回学会に参加されている角膜専門の先生の所でも2割ぐらいでしか作成されていないようです。私の勤務している岐阜赤十字病院、名古屋アイクリニックでは作成しております。最近はドライアイ治療においてはジクアスやムコスタなど新しい点眼薬がでてきており、以前より血清点眼の出番は少なくなしましたが、それでも必要な場合が時々あります。
by gifuredcross | 2014-02-01 18:44 | 学術活動

視能矯正学会での発表

本日は視能矯正学会で福岡、博多まで来ています。今回の学会では当院の則武が「トラベクトームを用いた線維柱帯切開術と白内障同時手術による術後屈折誤差の検討」という発表を行いました。
簡単にご説明しますと、トラベクトームは低侵襲緑内障手術に分類される手術ですが、その手術を白内障と同時に行った場合でも、ほとんど術後の度数に影響しないという内容の発表です。
d0291713_17563276.gif

by gifuredcross | 2013-11-16 17:57 | 学術活動

涙液と眼表面学会(TFOS2013)

先週火曜日から本日まで、イタリアのシチリア島のタオルミーナで行われたTear film & Ocular Surface Society(TFOS)の3年に1回の学会に参加してきました。
d0291713_18193814.jpg

タオルミーナは紀元前の古代ギリシャの遺跡やローマ時代の建物などが残る小さな街です。せり上がる斜面にはホテルが建ち並び、海はグランブルーという映画の舞台にもなっており、文字通り真っ青な海が広がっています。
こちらがタオルミーナの中の遺跡でも最も有名なテアトログレコという古代ギリシャの劇場です。少し高台に立っていますのでそこから見える景色が本当に素晴らしかったです。滞在中はエトナ山の頂上にいつも雲がかかっていたのが残念でしたが、劇場と海とタオルミーナの街、遠くそびえるエトナ山まで一望でき、そのまま絵はがきに出来そうな光景です。
d0291713_182017100.jpg

d0291713_18205643.jpg

学会場も少し高台にあり、4階のテラスからは同じような景色が見えてポスター発表の時間にはおやつやエスプレッソが振る舞われてテラスでゆっくりしました。このあたりが日本の学会と違うところでしょうか。
学会は涙液と眼表面に関するもので、自分もドライアイ動物モデルのP2Y2受容体の加齢による発現変化を発表しました。学会ではドライアイに関する新しい考え方や国による考え方の違いが聞けてとても有意義な会でした。また海外学会の一番の楽しみは食!とうことで一日が終わるとおいしいイタリア料理とワインを堪能しました。さて、学会中はゆっくりと時間が流れていましたが、また明日から外来、手術と忙しい日々が続きそうですが、時差ぼけに負けずなんとか頑張りたいと思っています。
by gifuredcross | 2013-09-23 18:22 | 学術活動

東海シェーグレンシンドロームカンファランス2013

本日、名古屋駅近くのルーセントタワーで行われた東海シェーグレンシンドロームカンファランスで当眼科の小島医師が講演を行いました。講演タイトルは「最新のドライアイの考え方と治療戦略」でした。シェーグレン症候群はドライマウス(口腔の乾燥)やドライアイを伴う自己免疫性疾患です。当眼科では、月曜日と金曜日の小島医師の診療日にドライアイ外来を行っています。
by gifuredcross | 2013-06-08 20:59 | 学術活動

トーリック眼内レンズ

本日は東海眼科で当科の近藤奈津医師が白内障手術におけるトーリック眼内レンズの術後成績について報告させて頂きました。
トーリック眼内レンズとは乱視矯正つきの眼内レンズで、当科では乱視が強い方に対して使用しています。今回の学会では、同じ程度の乱視がある方と術後の裸眼視力(眼鏡無しの視力)を比較した場合、明らかにトーリック眼内レンズを使用した方が裸眼視力に優れていることを報告しました。白内障の状態によってはトーリック眼内レンズを使えない場合もありますので、実際に使えるかどうかは診察の際に確認してください。
d0291713_19292050.jpg

by gifuredcross | 2013-02-02 19:29 | 学術活動

第1回岐阜県西部眼科臨床研究会

1月17日に大垣市で行われた第1回岐阜県西部眼科臨床研究会という眼科開業医の先生向けの勉強会に講師でお招き頂き、「角膜移植の現状」と題して現在岐阜日赤病院、名古屋アイクリニックで行っている最先端の角膜移植についてお話しさせて頂きました。当日は寒い中お集まり頂いた先生に感謝いたします。また地区の中核眼科医院である近藤眼科の近藤伸彦先生には座頭をして頂き、また懇親会もとても楽しく過ごさせて頂きいろいろありがとうございました。近藤先生は後で話を聞いたら自分の出身の東海高校の1つ上の先輩ということが分かりとても親近感がわきました。また今後ともよろしくお願いたします。
小島隆司

d0291713_8542269.jpg

by gifuredcross | 2013-01-26 08:46 | 学術活動