岐阜赤十字病院 眼科

gifuganka.exblog.jp
ブログトップ

角膜カンファレンスin 沖縄(血清点眼講演)

毎年この時期に行われる角膜の学会、角膜カンファレンスに行って来ました。今回の場所は沖縄です。この時期は名古屋に比べると、春のような天気で非常に過ごしやすかったです。
d0291713_1844428.jpg

今回はシンポジウムで血清点眼についての話をしてきました。血清点眼って聞いたことがない方もあるかもしれませんが、自分の血液をとって、それを遠心分離して透明な血清という部分を希釈して作成する目薬で、正確には自己血清点眼といわれるものです。この点眼は血清の中に含まれている、傷を治す成分やビタミンAなど様々な眼表面にとってよい成分が含まれています。処方薬による治療でどうしても治らない場合に使用する点眼薬で、重症ドライアイ、角膜神経が麻痺して起こる角膜潰瘍などが対象となります。どこの病院でも作成できるわけではなく、今回学会に参加されている角膜専門の先生の所でも2割ぐらいでしか作成されていないようです。私の勤務している岐阜赤十字病院、名古屋アイクリニックでは作成しております。最近はドライアイ治療においてはジクアスやムコスタなど新しい点眼薬がでてきており、以前より血清点眼の出番は少なくなしましたが、それでも必要な場合が時々あります。
[PR]
by gifuredcross | 2014-02-01 18:44 | 学術活動