岐阜赤十字病院 眼科

gifuganka.exblog.jp
ブログトップ

緑内障診療について

先週、NHKの番組「ためしてガッテン」で緑内障について報道されました。うっかりミスが、実は緑内障が原因だったという内容でしたが、緑内障は視力低下が起こるのは末期ですので、実際になかなか気づきにくい病気です。
緑内障では視力が下がるよりも視野が欠けてくる病気です。ただし番組でもありましたように視野が欠けても、人間の脳は欠けた部分を周囲と同じような景色で埋めてしまうために視野が欠けたことに気づかないことが多いんです。
最近は緑内障の診断にOCTという器械が使用されるようになり、我々の日赤眼科でも毎日フル稼働しております。この検査機械を用いると、緑内障による視神経の変化や網膜の視神経繊維の厚みからどこの部分の視神経が障害を受けているかを捉えることが出来ます。
d0291713_21425824.jpg

現在、緑内障は早く見つけることができれば進行予防が可能な病気です。
治療としてはまずは点眼薬を用います。最近は様々な点眼薬が発売されており、点眼薬のみで治療可能な患者さんがほとんどです。それでも眼圧のコントロールが悪い場合は、手術治療となりますが、緑内障手術も最近は低侵襲の手術が開発されており、当院でも積極的に取り入れて治療に当たっています。
下記のイメージは当院で取り入れているトラベクトームという手術器具で、これを用いることにより、通常は4〜50分かかっていた手術が10〜15分程度でしかも合併症のリスクを小さくして行う事が出来ます。
d0291713_2145298.jpg

もし気になることがありましたら、お気軽に相談頂けたらと思っています。ただし眼科外来は完全予約制なので、事前に電話予約をよろしくお願いいたします。
[PR]
by gifuredcross | 2013-08-04 21:46 | 診療内容