岐阜赤十字病院 眼科

gifuganka.exblog.jp
ブログトップ

白内障治療について

加齢とともに目の中の水晶体が濁ってしまい視力が低下する病気です。
この写真のように眼科で使用する顕微鏡で観察すると簡単に診断できます。
d0291713_025264.jpg


現在、多くの病気が加齢と関係することが分かっていますが、この白内障もその代表です。現在、白内障の進行予防には抗酸化作用のあるサプリメントがある程度効果があることが証明されていますが、一旦濁ってしまった水晶体は飲み薬や目薬で元に戻すことはできません。やはりこの場合は手術が必要になってきます。白内障手術は、年々進歩しており最近は非常に低侵襲の手術となっています。下に当院で行っている白内障手術の流れをお示ししますが、2~3mmの小さい傷口から目の中の水晶体の濁りを超音波乳化吸引装置という掃除機のような器械で濁りを砕きながら吸っていきます。その後に眼内レンズを挿入します。当院では全例に折りたたみ型のレンズを使用しており、下の図のように筒の中に入っているレンズが目の中で元の形状に戻ります。
d0291713_19553779.jpg

最近は眼内レンズもいろいろな種類のものがでてきています。従来は単焦点レンズしかありませんでしたが、トーリック眼内レンズといって乱視矯正機能つきの眼内レンズ、遠くと近くにピントが合う多焦点眼内レンズなどがあります。この中で、単焦点眼内レンズ、トーリック眼内レンズは保険医療の範囲で行えますが、多少点眼内レンズは自費診療(両眼40万円)となります。どのレンズを使用するかは患者さんの生活スタイルを含めて患者さんとよく相談して決めています。白内障治療のことでお悩みの際はお気軽にご相談ください。
[PR]
by gifuredcross | 2013-02-24 19:58 | 白内障手術